2014年03月11日

特報「うらくさい」プロジェクト

次作るもの、こういうのやりたいなというのができましたのでちとブログにて報告を。

「うらくさい」(仮題)
その者の名は織田長益。彼は天下の行方を再び混沌へ突き落す本能寺の変において、兄・織田信長が命を落とす中を生き延びる。その後の彼は生き残るために数奇な人生を歩むことになる…そう、戦国の裏側で数奇な…

サークルとしては二次大戦ものを続けた方がいいのかもしれませんが、ちょっと我がサークルらしい題材をみつけたのでやってみたいと思います。制作ツールはRPGツクールVXとデータセット「和」を使ってみます。

その生まれから戦国時代を顔パスでどこにでも行けた人物、織田長益。しかし、その生まれゆえに権力欲を表に出したが最後、即刻死が待ち受けています。そんな彼は生きるためにカブくのです。教養とか趣味のためではなく、死に物狂いで生きるための「カブき」なのです。テーマは「KABUKI or DIE」といったところでしょうか。

例によって企画時に盛り込みたいことの何割がゲームに反映できるかわかりませんが、とりあえず、思いついちゃったもんは片付けないと次に行けませんからやってみます。もちろん「制作中止!」なんてのもあり得ますが、そこは悪いなりにゴールにたどり着く能力は人より高いのでなんとかしたいと思います。

それでは、太○立志伝なんてのとは全然違う世界観のRPG「うらくさい」を乞うご期待!
posted by たわらった at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック