2014年06月26日

ザッケローニ雑感

俺らの中で一番うまいのは(中村)俊輔さんだ。
でも俊輔さんでも、世界中を見渡してみれば、
それほどでもないんじゃないか?
(中略)
俊輔さんがあいつらと同じレベルで試合を決められるだろうか?
そうじゃないだろう? みんなでやらなきゃだめなんだ。
(中略)
このままでは1対1の局面になったら、俺らは全部負けだ。
せっかくワールドカップに出ても、
逆に恥ずかしい試合になってしまうぞ。
--田中・マルクス・闘莉王--

ザック・ジャパンのワールドカップが終わってしまったわけだが…

評論家的なことを言うと、監督も選手も同様にボタンを掛け違えて残念な結果になったような気がするな。

元々ザッケローニはクラブチーム監督時代の攻撃的なサッカーをするために呼ばれたはずである。3-4-3システムってやつである。日韓ワールドカップの時にヒディング韓国がやっていたアレである。

審判をアレしたという黒い噂はあるものの、それでも韓国は多彩な攻めで結果を残した…えぇ、あのシステムは「俺が俺が」でやりたいことを全員がやると上手くいくシステムなんです。空気を読んでお互いが助けてくれるのが前提の日本人には絶対できないシステムなんだなぁ…

ということでザッケローニ監督は就任後ことあるごとに3-4-3を試すのだが、岡田監督時代にやってないし、クラブチームで常用してるチームも少ない。導入に失敗し、その後も選手の戦術理解がついていかない。そん中で監督と選手の仲も悪化する…そんな経緯が就任してからあった気がします。

この時点でなんか理由つけて監督更迭するべきだったかもしれません。が、ザッケローニ監督は環境に適応して歩み寄ります。岡田監督時代の日本代表システムであり、また、現代のサッカーの主流である4-2-3-1を採用するのです。

まぁ、それもアリでしょう。ザック解任、また岡ちゃん火消し役、でもそうなったと思います。しかし、今度はザッケローニ監督が4-2-3-1を理解していなかった。システム内に代表選手を配置したときに、日本代表としての味付けをどうするかが全く思いつかなかった。結果的にはそれが「そのポジションでとりあえず評価が高い」人が呼ばれ、特に海外選手はそれだけでネームバリューなので毎回呼ばれるという現象です。これは「日本代表」ではなくて「日本オールスターチーム」ですね。

冒頭の闘莉王が言うように、日本代表というのは日本国籍のいい選手が集まる、ではなくて、日本代表チームとしての連携、つまりは戦術がないと世界を相手にできないレベルなのですが、それを自分の持ち味を殺された監督、そして監督を拒否しても毎回呼ばれることで慢心した選手には思いもつかないことだった。これが今回の真相だと思います。

仮にザッケローニ監督の戦術が浸透したとしても、サイド重視の今のサッカーには通用しなかったかもしれません。逆に、3バックに中盤のサイドが帰ってきて5バック状態で守ってチャンスを待つ今回の流行にぴったりハマったかもしれません。今回の日本代表はそれを見るレベルまでこなかったのが残念です。

監督を中心にみた日本代表の感想はこんなところ。それにしてもクラブ監督と代表監督の成功する素質が全然違うってのは面白いですね。

選手個々についてもあまり詳しくないのでマスコミ情報聞きかじりレベルですがいろいろ所感はありますが、今回は監督とその周囲について書きたかったのでここでは書きません。一言書くと、見込んでた選手がみんな「一流チームでは鳴かず飛ばず」「さすがにベテランとしても旬を逃しすぎ」って状態だったのが痛かったですよね…ここら辺を事前に見抜くのが監督の仕事なんでしょうがね…
posted by たわらった at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック