2017年04月29日

しゅうまつがやってくる

神も悪魔も降り立たぬ荒野に我々はいる
--エンディング「源平討魔伝」--

某半島情勢があれこれ動いていますが、ニュースを総括すると
こんな感じで戦争は回避できるんじゃないかな、って予想。
正解が出る前に書いてみる。

ボードゲーム「ディプロマシー」みたいに列強の行動カードが
揃いました。
中国「北朝鮮指導者の亡命を斡旋。後継者は中国が選定した
   人物になります」
ロシア「クリミア制裁が続いて厳しいけど、石油を北に売るのは
   黙認してください」
実はこのターン、米国が主導して見返りを用意していた。
米国「THAAD費用を口実に韓国と仲違いし、同盟終了。
   在韓米軍は撤退、THAADは、日本に移動します」

列強が撤退し南朝鮮は空白地に。でもパラドゲーなら
こんな状態だよね。

BBR(交戦性)200、国家威信-100

次の大統領は頑張れ。超頑張れ。

押す、引く、じゃなくてこんな絵図をトランプが描いてたら
やっぱり只者じゃないと思う。まあ、中国の行動が成功するのが
前提で、5/9のデッドラインに間に合わなかったら
中国「北朝鮮に介入しクーデター扇動、後継者は中国が選定した人物になります」
米国「核関連施設とされている地域に対し戦闘を開始します」
みたいな感じで戦火を交えることになるかもしれません。
でも特殊部隊による限定襲撃って成功しないんだよな。
正規軍が中隊規模で派遣されれば撃退できちゃいますもんね。

全ては個人的な妄想です。あたってたらなんか奢ってください。
posted by たわらった at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449428110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック