2016年09月01日

「東京ラストダンジョン2」制作後記

ダウンロードサイトへの掲載も完了しましたし、恒例の制作後記行きますか!

Q1.「ツクール」シリーズでの制作は何作目?
A1.6作目となります。ここまで同人作品はすべて「RPGツクールVX」です。

Q2.今回の題材を選んだ理由は?
A2.岩城新聞社第2期の最初の制作物が「東京ラストダンジョン」です。制作技術の点や工数のためにオミットしてきた部分が結構あったことと、当時発表直後に実際の東京駅の掲示類のデザインが一新されて一気に陳腐化してしまったことから、いつかリメイクしたいと思ってきました。それを具現化するには、この機会しか無いと感じ、行動に移しました。

Q3.システム面の苦労は?
A3.前作では実装されていたが、ゲーム上の効果がほとんどなかった魔法系のパラメータ変動について、ゲームバランスとして成り立つよう調整することとなり、難易度と効果の関係で結構悩んだつもりです。

Q4.ゲームバランス面の苦労は?
A4.前のQと被りますが、事前知識なしでプレイしてゲームが成り立つこと。それを最大の目標にしています。テストプレイで仲間をパーティに入れないで一人でもクリアできたようなので、難易度としては低めになっているかもしれませんね。でも深みを求めているゲームではないので、曲芸してもクリアできるっていうのは狙い通りです。

Q5.ストーリー上の苦労は?
A5.詳しくは書きませんが「前作と今作のつながりをどうするか」ですね。えぇ、詳しくは書きません。

Q6.参考にしたゲームはある?
A6.駅ダンジョン系は他にも出ていますが、ゲーム系サイトの紹介記事を読んだ程度でプレイはしていません。むしろファンタジー色を排した、鉄道マニア向け要素を重視した前作の内容を踏襲しています。

Q7.他に参考にしたものは?
A7.そういえば漫画だけど、Kashmirの「てるみな」(全2巻)は制作中よく読んでました。猫耳少女が可愛い、ではなく、きっちりと鉄分を含んだ鉄道マニア向け作品なので、同様にマニアックさを抱えたゲームにしたいなと心がけていました。

Q8.さて、次回作は何やるの?
A8.どうしましょうかね。このブログの次の記事あたりで書くんじゃないでしょうか?

Q9.今、最適だと思う別れの挨拶を
A9.「見たまえ、彼らは無事に飛び立った。それが私の勝利だ」

posted by たわらった at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ダウンロード販売開始しました【東京ラストダンジョン2】

夏コミ(C90)での新作「東京ラストダンジョン2」のダウンロード販売サイトへの登録を完了いたしました。いやぁ、意外なところで審査にひっかかり微妙にコミケ頒布バージョンからバージョン番号が上がり、DL販売サイト毎に微妙な差が出ていたりしています。シナリオ本筋には影響が無いので「見比べてください」とは言いませんが・・・

【東京ラストダンジョン2】は以下の2サイトにて販売中です。各サイト共に、アカウントサービスがあったりしますので、お好みのサイトからどうぞ!(サンプル画面・紹介文はほぼ同じです)

以下、「東京ラストダンジョン2」販売サイトへのリンクとなります。バナーをクリックすると新しいウインドウにて表示します。

◆DiGiket.com:デジケットドットコム


◆DLsite.com:ディーエルサイトドットコム



※頒布価格や詳細仕様は即売会頒布時と異なる場合がございます。
posted by たわらった at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

「東京ラストダンジョン2」サポート問い合わせ

このたびは岩城新聞社の同人ソフト「東京ラストダンジョン2」をご購入いただきありがとうございました。製品の品質には万全を期していますが、媒体トラブルなどありましたら、こちらにコメントでお寄せください。

◆お問い合わせの前にお願い
・RPGツクールの動作ファイルも同時にインストールするため、インストール直後に起動に失敗する場合は、パソコンを再起動することで正常に起動する場合があります。
・お問い合わせ内容によっては個別回答となりますのでメールアドレスを伺う場合があります。
・ゲームが正常に起動してからの攻略ヒントについてはお答えできない場合があります。
posted by たわらった at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

【東京ラストダンジョン2】紹介動画

そうそう、コミケ合わせで「東京ラストダンジョン2」の紹介動画作ったんだ。


ゲームは既に完成してパッケージ済み。あとはパネル作ったりするだけ…の予定。それでは、コミケ最終日C55aにてお待ちしています!
posted by たわらった at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

【東京ラストダンジョン2】通しテスト完了

森島作品を世界レベルにしとるのが
あの肥大した「欲望」なんだとしたら、
ワイらはそれを否定しちゃいけないんやないか?
--権藤さん「デラシネマ」--
tld2-005.jpg
続きを読む
posted by たわらった at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

【東京ラストダンジョン2】ドット絵とか

構わんからここ一番の機体を選べ。
どんな機体でもカタパルトで打ち出してやるよ。
--空母射出要員「ACE COMBAT5」--

続きを読む
posted by たわらった at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

【うらくさい】PVっぽいの作ってみた

最序盤のプレイ動画をPVっぽくまとめてニコニコ動画にアップしました。
興味ある方はどうぞ。



無料体験版を作る余裕があればそれが一番なのですが、ゲームそのものより動画の評判が良ければ、他の作品のPVも作成しようかと思います。
posted by たわらった at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

「うらくさい」制作後記

ダウンロードサイトへの掲載も完了しましたし、恒例の制作後記行きますか!

Q1.「ツクール」シリーズでの制作は何作目?
A1.5作目となります。ちなみにすべて「RPGツクールVX」です。

Q2.今回の題材を選んだ理由は?
A2.当サークル得意の「二次大戦」モノで1個企画があったのですが、面白くなりそうにないのでお蔵入り。その中で破天荒なあの人のRPGを作ろうと思ったのです。

Q3.システム面の苦労は?
A3.今回は新機軸はありません。逆に言えば当サークルのRPG制作の開発メソッド構築が完了したので、作者入院の危機を乗り越えられたと思っています。

Q4.ゲームバランス面の苦労は?
A4.退院がコミケ1週間前。ビルドアップする度にテスト係にテストしてもらい、作者テストプレイ中にバランス取りするという時間制限の中でのハードワークでした。深いゲーム性を組み込める状況ではないので基本的に「即死はしない」「歯が立たない敵は作らない」で随時調整して完成させました。

Q5.ストーリー上の苦労は?
A5.戦国大名や武将ではなく、茶人が主人公なので、戦国の主要イベントに参加しつつ裏方で世間を動かす雰囲気を作ろうと苦労しました。ただゲーム内に組み込める会話の行数や、冗長にならないテンポの関係で説明不足となった箇所があってそこは悔いが残ります。

Q6.参考にしたゲームはある?
A6.ズバリ「太閤立志伝」ですね。やったことは無いのですが、こういったシチュエーションをゲーム化するってのは素晴らしいと思います。こういう挑戦が今のゲーム界には不足してるんじゃないでしょうか。

Q7.他に参考にしたものは?
A7.主人公の名前を聞くとマンガ「へうげもの」が出ると思います。確かに、参考しましたよ。ただし、利休の死の要因など、勘所はオリジナルのはずです。あと、時代考証役のやん・すーてんに「大織部展」に連れて行ってもらいましたよ。織部は当時のポストモダンで面白かったね。当時の茶人の心意気を込めたいと思いました。

Q8.さて、次回作は何やるの?
A8.どうも「RPGツクールMV」ってのが開発中らしいですね。ぜひ、これで何か作りたいです。何しましょうか?ダウンロード販売にも載せてない「アレ」をリメイクしたいですね!

Q9.今、最適だと思う別れの挨拶を
A9.「神は言っている。ここで死ぬ運命ではないと」
posted by たわらった at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

ダウンロード販売開始しました【うらくさい〜織田長益物語】

夏コミ(C88)での新刊「うらくさい〜織田長益物語」のダウンロード販売サイトへの登録を完了いたしました。さてと、最近動画作成をしていたりするので、ゲームの紹介動画も作ってみようかな?まぁ時間はかかると思いますので、完成したら当ブログでも紹介いたします。さてと、肝心のソフト情報は以下の通り。

【うらくさい〜織田長益物語】は以下の2サイトにて販売中です。各サイト、アカウントサービスがあったりしますので、お好みのサイトからどうぞ!(サンプル画面・紹介文はほぼ同じです)

以下、岩城新聞社の登録ソフト一覧へのリンクとなります。バナーをクリックすると移動します。

◆DLsite.com:ディーエルサイトドットコム


◆DiGiket.com:デジケットドットコム


※頒布価格や詳細仕様は即売会と異なる場合がございます。
posted by たわらった at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

「うらくさい」サポート問い合わせ

このたびは岩城新聞社の同人ソフト「うらくさい〜織田長益物語」をご購入いただきありがとうございました。製品の品質には万全を期していますが、媒体トラブルなどありましたら、こちらにコメントでお寄せください。

◆お問い合わせの前にお願い
・RPGツクールの動作ファイルも同時にインストールするため、インストール直後に起動に失敗する場合は、パソコンを再起動することで正常に起動する場合があります。
・お問い合わせ内容によっては個別回答となりますのでメールアドレスを伺う場合があります。
・ゲームが正常に起動してからの攻略ヒントについてはお答えできない場合があります。(イベント会場でこっそりとなら…?)
posted by たわらった at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

【うらくさい】間に合いました

日曜日のコミケ3日目合わせの自作ゲーム「うらくさい」、完成いたしました。現在パッケージング中です。いやぁ入院したときはどうなるかと思ったけどなんとかなってよかったよかった。ちなみにパッケージングは家内制手工業なので、制作の遅れを直前まで吸収できるのは意外な強みだったかも。

それでは3日目8/16(日) 東地区「Q54a」にてお待ちしています。

CMX1HMHUwAAYUHt.jpg


POPがまだ未着手だ。明日半日かけてつーくろ。
posted by たわらった at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

【うらくさい】一番自分のやりたかったシーン完成

違う。このセリフじゃ撮れへん。
--森島監督「デラシネマ」--

続きを読む
posted by たわらった at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

【うらくさい】お江戸マップ

椎茸の親方みてえな帽子をかぶって、
虎の皮の股引きはいて、突っ立ってる。
こりゃァ、誰なんです?
--「道灌」--

続きを読む
posted by たわらった at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

【うらくさい】石垣山城

一飯に汁をかける積りを覚えずして、
足らざるとて重ねてかくることは、不器用なり。
--「武者物語」--

続きを読む
posted by たわらった at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

【うらくさい】シナリオ覚書

京都北野の森において、10月1日から10日の間、
天気のつごう次第で大茶の湯を開くにあたって、
御名物を残らず取り揃え、茶の湯に執心の者に
拝見せしめるために開催なされる事
--豊臣秀吉「北野大茶の湯高札」--


続きを読む
posted by たわらった at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

【うらくさい】敵キャラ進捗

今宵はここまでに致しとうございまする。
--大井の方「武田信玄(大河ドラマ)」--

URA01.jpg

続きを読む
posted by たわらった at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

【うらくさい】敵キャライラスト

どっちに行くんだよ!右だよ右!
--レイモンド刑事「チェイスH.Q」--

U_Soldier2_a.png
続きを読む
posted by たわらった at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

【うらくさい】登場人物グラ着手

彼は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、髯は少なく甚だ声は快調で、極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。
--ルイス・フロイス「日本史」--

続きを読む
posted by たわらった at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

開発スパイラル1週目

如水は、若いころ梅毒をわずらって頭髪がところどころ禿げちぎれており、
足も、むかし敵城の牢にぶちこまれたために満足ではない。
--司馬遼太郎「関ヶ原」--

続きを読む
posted by たわらった at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

特報「うらくさい」プロジェクト

次作るもの、こういうのやりたいなというのができましたのでちとブログにて報告を。

「うらくさい」(仮題)
その者の名は織田長益。彼は天下の行方を再び混沌へ突き落す本能寺の変において、兄・織田信長が命を落とす中を生き延びる。その後の彼は生き残るために数奇な人生を歩むことになる…そう、戦国の裏側で数奇な…

サークルとしては二次大戦ものを続けた方がいいのかもしれませんが、ちょっと我がサークルらしい題材をみつけたのでやってみたいと思います。制作ツールはRPGツクールVXとデータセット「和」を使ってみます。

その生まれから戦国時代を顔パスでどこにでも行けた人物、織田長益。しかし、その生まれゆえに権力欲を表に出したが最後、即刻死が待ち受けています。そんな彼は生きるためにカブくのです。教養とか趣味のためではなく、死に物狂いで生きるための「カブき」なのです。テーマは「KABUKI or DIE」といったところでしょうか。

例によって企画時に盛り込みたいことの何割がゲームに反映できるかわかりませんが、とりあえず、思いついちゃったもんは片付けないと次に行けませんからやってみます。もちろん「制作中止!」なんてのもあり得ますが、そこは悪いなりにゴールにたどり着く能力は人より高いのでなんとかしたいと思います。

それでは、太○立志伝なんてのとは全然違う世界観のRPG「うらくさい」を乞うご期待!
posted by たわらった at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする